やたら自撮りをアップしている人間に擦り寄るのはよくない

FACEBOOKなどのSNSを見ているとその活動内容は大きく3つに分けることができると思う。

  1. なにもアップしない人
  2. 特別なイベントや気付きがあった時にアップする人
  3. やたら毎日アップする人

1,2は問題はないが、3の人は見ている方が正直つらい。
ただ、それはプライベートに限ってアップしている分にはせいぜい自己愛が強いんだなぁ~と解釈すればまだ割り切れる。
問題はそれをビジネスに活用しようとしている人。
やたら「セミナーに参加」「○○さんと会った」「海外へ到着したらチェックイン」「高級ホテルの部屋から自撮り」「著名観光地で自撮り」という写真でたちまちウォールがその人だらけになってしまう。
ぱっと見忙しそうに見えるのだが、実際問題本当に忙しかったら、こんなの撮ってアップする時間も惜しいはずだ。
そうでないとしたら、これ自体をフックにして新たにビジネスチャンスを作るブラフ的な存在として考えて間違いない。
つまりは「宣伝」である。
だから、「この人なら仕事任せて大丈夫そう」と思って頼んでみたら、期待ほどなにも成果がなかった…ということが往々にしてある。

本当に仕事ができる人というのは、だいたい現在の人脈で十分仕事量が埋まっており、そもそもSNSでアピールする必要もない。
また、セミナーや異業種交流会に参加しなくても今の人脈で異業種との交流もできており、それは自然に集まってくるものである。
つまりビジネス上でアピールするということは仕事がないからアピールしているだけであって、必ずしも依頼者の期待以上の品質が出せるかというとまた別問題である。
どうしてもその人にコンタクトを取りたいのであればなんらかのリスクがあるのを承知でつながるべきだと思う。

休日も仕事しているとやたらアピールする人間は成長しない

FACEBOOKなどのSNSをみていると時折ウォールにこのような投稿が目につく。
「休日だけどバリバリ働く」「休日に働く自分へのご褒美」などなど。
確かに人が働いていないときに働くのはビジネスチャンスでもあるし、どうしてもかたづけなければならない仕事がある時は私事を捨てて働くときもあるだろう。
しかし、今回取り上げるケースは休日出勤が恒常的になってしまっている人のこと。

結局こんな人は規定の時間内にこなすことができずにだらだらと持ち越して仕事をしていることが多い。
時間をかけることこそ美学と思っている意識がそうさせているのかもしれない。
また、家庭を持っている人だと結局家庭の時間を減らして働いていることにつながるのだから完全に時代に逆行していることになろう。
働きたくても諸所の事情で働けない人もいるというのに。

さらにタチが悪い人がいる。それはわざわざ休日出勤をアピールして共感やいいねを押させるような投稿を繰り返していること。
そんな投稿する暇があったらその分の時間も惜しんで仕事に取り組めば?と思ってしまうのは私だけであろうか?
投稿するということは自分のナリを人にみせたいわけだから、承認欲求が強いのであろうか。
本当にメンタルが強ければ人の共感や評判など全く気にしないで黙々と仕事をこなすであろう。
私が見てきた以上、こういう人に限って一日に5回も6回も他愛のないことを投稿したりしているケースが多い。

仕事はかける時間も必要だけど、それ以上にいかに合理的にこなして結果を出すかというバランス感覚が大事であると思う。
それをないがしろにしてただただ時間をかけていることをアピールしているようでは、仕事のやり方自体への工夫に目が届かないし、
出来上がる仕事も実は大したことはないだろう。つまり成長が止まってしまうということである。
また、わざわざ自己アピールしなくても、その人となりであったりは仕事の結果や日常などで十分人に伝わる。
ネット上で有名人になりたいという希望がない限りは、このような自己満足の投稿は控えるべきであろう。

まえがき~新しい生き方を求めて、道なき道をふみしめる

はじめまして、ハンドルネームbecas、晴れてアラフォーの40代独身男です。今日誕生日を迎えました。
40代といえば、人生80年のサイクルの中ですでに折り返し地点に到達。
残すは老いへの一直線か…..?
いやいや、そうはいかない。逆に考えればまだ半分も人生が残っているということ。
だったら過去の経験や人生の叡智を駆使して新しい生き方を考えてみようでは…
そう思ってブログをはじめてみました。
このブログでは、人生においておこるあらゆることについて、こうすればもっと良くなる、という
ちょっとしたハック術を紹介していきたいと思います。
中にはくだらない…と思うこともありますが、人生を良くするのは小さなことからこつこつと…
という感じでお届けしたいと思います。